ささやかなことだけど、近頃気になっていることふたつ。
まずひとつ目。
街を歩くと、電車に乗ると、あちらこちらで目にする看板や張り紙。
「テロ警戒中」。
市民の平和と安全を守ってもらいたいのに、わざわざ危険を自ら招き入れているような状況だから、そりゃ警戒しなくちゃならない。
別の犯罪で捕まった人が偽造パスポートで入国していた事実がわかったり、なんだかんだ結構スキは多い様子。
警備に立っている人が、すこーし頼りなさそうだったりするのはまあしょうがないとして、張り紙や看板に日本語しか表記していないものは、どうかと思う。
抑止力を図るのであれば、グローバルにいきたいもの。
そしてふたつ目。
「プラ」封筒に入って届くDM。
ごていねいに「プラ」「紙」と表示されているものもある。
しかし、はがれないのだ、「紙」のラベルが。
分別して出したくても、分別できない。
たまにはがしやすいようにできているパッケージに出会うと、ちょっと嬉しい。
でも、そんなものに限って、中身を見ることなく分別される場合の多いこと、、、 分別どうのこうのという以前の問題をはらんでいるのかも!?
改正を前に議論がかわされつつある容器包装リサイクル法。
分別しやすさも徹底してほしいもの。